「下半身」の記事一覧

米国で性感染症(STD)が4年連続で拡大! 耐性化で淋病が治らなくなる!?

米国で「性感染症(STD)」の拡大が続いている――。 米疾病対策センター(CDC)の調べによれば、米国では、2017年に淋病や梅毒、クラミジア感染症と診断された症例が230万人近くと、前年を大きく上回り4年連続で性感染症の拡大が続いている。 また、淋菌の抗菌薬耐性化…続きを読む

米国で性感染症(STD)が4年連続で拡大! 耐性化で淋病が治らなくなる!?

性器を負傷した兵士、死亡ドナーからの移植で性機能回復!

もし男性が性器を失えば、どれほど深い失望や悲哀に襲われるものだろうか? アフガニスタンの戦場で地雷の爆発によって負傷した兵士に、陰茎、陰嚢、一部の腹壁を移植する手術を執刀したのは、米ジョンズ・ホプキンス大学形成再建外科教授のW. P. Andrew Lee氏らの手術チーム…続きを読む

性器を負傷した兵士、死亡ドナーからの移植で性機能回復!

障がい者の性を考える 支援ガイドブックが訴える自立とは?

障がい者支援の現場のなかで、「性の話」は長年タブーであるかのように扱われてきた。 特に知的障がいのある子の場合、親は子どもに性的欲求があることを頑に認めず、施設や学校でも「寝た子を起こすな」とばかり、積極的に性について教えることは避けられてきた。 だからこそ、そうい…続きを読む

障がい者の性を考える 支援ガイドブックが訴える自立とは?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇