「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

花粉症セルフケアデバイス『RAKURAKUスースー』を使ってみた!赤色LEDの治癒効果を活用

都内のスギ花粉飛散が例年より10日ほど早いと報じられた。いよいよ本格的な花粉症シーズンは始まる。通常であれば東京のスギ花粉飛散のピークは3月上旬から4月上旬となり、スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉が飛び始める。毎年のことながら花粉症に悩む人にとってこの季節は毎…続きを読む

花粉症セルフケアデバイス『RAKURAKUスースー』を使ってみた!赤色LEDの治癒効果を活用

花粉症対策の「駆け込み寺」はコレ! 花粉シェルターからネックレス型空気清浄機まで

「あれこれ試したのにやっぱり駄目だった!」「神にも仏にも見放された」「進退極まった気分だ」。花粉症回避に万策尽きた人の嘆きは深い。 だが、ギブアップはまだ早い。花粉症から緊急避難できる妙策がいくつかある。今年注目されている花粉症対策の「駆け込み寺」アイテムをみよう。…続きを読む

花粉症対策の「駆け込み寺」はコレ! 花粉シェルターからネックレス型空気清浄機まで

「体重が正常でも不健康」な状態に注目を 「肥満=不健康」という常識は崩壊

定期的に運動したとしても思ったほど体重が減らないことはよくある。しかし、痩せなくても運動を続けていれば心臓の健康は向上し、余命も延長する可能性があることを、米テキサス大学サウスウェスタン医療センターのGrace Liu氏らが実施した新たな研究で明らかになった。 米国心…続きを読む

「体重が正常でも不健康」な状態に注目を 「肥満=不健康」という常識は崩壊
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

クラウドファンディング - READYFOR (レディーフォー) 「命を救う新たな選択肢を!肺がんに対する免疫療法の治験を利用した研究」7月9日(金)まで23時まで支援募集中
nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子