「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

東京都「バリアフリー条例改正案」車椅子で利用できない、アレルギー対策は手付かず

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、本格的な「おもてなし」がどこまでできるのか、正念場だ。 東京都は4月、ホテルや旅館の一般客室を対象とした「建築物バリアフリー条例改正案」を公表した。2020年に向けたバリアフリー化については、道路や鉄道などのほか…続きを読む

東京都「バリアフリー条例改正案」車椅子で利用できない、アレルギー対策は手付かず

高齢社会のコミュニティーで<健康第一>を共通価値にすると排除が起きる!?

「先生、認知症はどうやったらよくなるんでしょうか」 あるとき、なんとなく重い空気の中で相談を受けた。病院の診察室ではなく、相馬市の井戸端長屋での一コマだ。 井戸端長屋というのは、東日本大震災で被災した高齢者のために相馬市が造成した公営住宅だ。私は一カ月に一度、医師とし…続きを読む

高齢社会のコミュニティーで<健康第一>を共通価値にすると排除が起きる!?

花粉症の時期に突入! 症状緩和には「花粉症予防アプリ」で対策を

春が近づくと、鼻がグズグズ、目はショボショボ……。今年も日本人を悩ませる花粉症の季節がやってきた。 日本気象協会が運営するサイト「tenki.jp」によれば、2018年春の花粉飛散の予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みだという…続きを読む

花粉症の時期に突入!  症状緩和には「花粉症予防アプリ」で対策を
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇