「生殖器」の記事一覧

デリケートゾーン・ケアから見えてくる次世代の女性医療の在り方

「デリケートゾーンのケアで肝心なのは㏗値です」と断言するのは浜松町ハマサイトクリニックの吉形玲美医師。 産婦人科医として女性医療・更年期医療などの分野を中心に臨床と研究に取り組んでいるが、女性特有のケアの一つとして、デリケートゾーンは非常に重要だと指摘する。腟の免疫力…続きを読む

デリケートゾーン・ケアから見えてくる次世代の女性医療の在り方

高濃度乳房は「乳がん」の発症リスクが高い! 該当する日本人女性は約4割!

ノルウェーがん登録の研究員であるSolveig Hofvind氏らの研究チームは、乳腺濃度を自動評価するソフトウェアを活用し、「乳腺濃度が高い高濃度乳房(デンスブレスト)の女性は、乳がんリスクが高い可能性がある」とする新たな研究成果を『Radiology』6月26日オンライ…続きを読む

高濃度乳房は「乳がん」の発症リスクが高い! 該当する日本人女性は約4割!

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!

日本では現在、1130万人が満足できる勃起ができていないといわれます。具体的には40代の2割、50代の4割、60代の8割がED(勃起不全)であると推測されているのです。 男性ホルモンのテストステロンの低下が引き起こす「LOH症候群(男性更年期症候群)」について前回、様々…続きを読む

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子