「医療機関」の記事一覧

感染妊婦の行き場がない! 医療者の大規模な抗体検査と施設の棲み分けを

ある晩、救急車からの連絡が入った。「妊娠1X週の妊婦さん、クリニックにかかりつけ。旦那さんが肺炎で入院しておりCOVID-19のPCR検査待ちです。本人も4日前から微熱、本日本格的に発熱と気道症状の増悪あり、不安になって救急要請されました。現在バイタルサインは保たれており…続きを読む

感染妊婦の行き場がない! 医療者の大規模な抗体検査と施設の棲み分けを

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気

2019年1月、巣鴨駅前胃腸内科クリニックに日本初の「胃弱外来」が開設された。この巣鴨駅から2分という至極便利な立地にあるクリニックで日々、診療にあたっているのが神谷雄介院長だ。「胃弱」は医学的な病名ではなく、あまり馴染みのない『機能性ディスペプシア(Functiona…続きを読む

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気

『ブラックペアン』二宮和也は揺るがないが、東城大も帝華大も終わっている!

「人の敵は人」、「患者がいる、その人を助ける。以上!」、「腕のない医者は死んだほうがいい。お前の論文に書いていいぞ」などなどなど。 今週のブラックペアンは私の胸を突き刺す言葉が沢山飛び出していました!そして、渡海(二宮和也)のどすの効いた叫び声も響き渡っていました!…続きを読む

『ブラックペアン』二宮和也は揺るがないが、東城大も帝華大も終わっている!
幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行