「こども」の記事一覧

子どもの発熱であわてない! 発熱の仕組みを知らないと逆効果に!

お子さんが小さいときに熱が出ると心配ですよね? 脳に害が出るんじゃないか?熱が続くと肺炎になるんじゃないか?と心配は尽きません。おそらくは、最も熱の患者さんと向き合う頻度が多い医療職のうちの一つが小児科医です。私は、受診した子どもがどんなに軽症に見えても、そのママ、パパに…続きを読む

子どもの発熱であわてない! 発熱の仕組みを知らないと逆効果に!

ドラマ『グッドドクター』 高度な技術と繊細な感性を求められる小児外科医に注目!

好調な視聴率を保っている『グッドドクター』(フジテレビ系)。どうしてもアメリカ版と比較してしまう私は微妙な気持ちで見始めましたが、ドラマも中盤に差し掛かってくると、これはこれで別のドラマに見えてきました! どちらかと言うと、原作の韓国版に近い……。 高機能自閉症でサバン…続きを読む

ドラマ『グッドドクター』 高度な技術と繊細な感性を求められる小児外科医に注目!

本の読み聞かせで親子関係も良好に! 母親は「理性」子どもは「心」の脳が活発に

子どもに本を読み聞かせることは、豊かな感情をはぐくみ、言語能力がアップすることはよく知られている。しかし、効果は一方向のものではない。本を読んであげる大人も、自己肯定感が高まり、社会的スキルも向上するようだ。 ここでは、「本の読み聞かせ」について行われた国内外の研究を紹…続きを読む

本の読み聞かせで親子関係も良好に! 母親は「理性」子どもは「心」の脳が活発に
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇