「感染症」の記事一覧

風邪とインフルエンザは同時にかからないという研究に大きな反響

熱がある、鼻水が出る、だるい、などなど…。この季節はちょっとした体調不良で気になるのが風邪を引いたか、あるいはもしかしてインフルエンザかもという不安。仮に風邪気味だった場合、さらに体調を崩した場合など、風の上にインフルかと心配することもあるかもしれない。しかし、風とインフル…続きを読む

風邪とインフルエンザは同時にかからないという研究に大きな反響

インフルエンザワクチンはどの程度効果があるのか? 感染ではなく発症・重篤化を防ぐ

インフルエンザの症状は辛く重い。致死のリスクすらある。それを予防する手段の1つとして、インフルエンザワクチンがある。しかし、本当にインフルエンザワクチンは効果があるだろうか? 厚労省は、国内で用いられている不活化のインフルエンザワクチンは、「感染を完全に阻止する効果はな…続きを読む

インフルエンザワクチンはどの程度効果があるのか? 感染ではなく発症・重篤化を防ぐ

見た目だけで判断するな! 梅雨に気をつける食中毒を防ぐ3つの方法とは?

これからの梅雨の時期に心配となるのが調理における「食中毒」である。 最近では、ウイルス性の食中毒の発生が年々増えており、一年を通じての食中毒対策が必要となっている。 これから、だんだんと気温も高くなり、湿気も上がる高温多湿な時期は、食材が傷みやすくなり、細菌が繁殖し…続きを読む

見た目だけで判断するな! 梅雨に気をつける食中毒を防ぐ3つの方法とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆