「感染症」の記事一覧

このコロナ禍は行政訴訟に価するのではないか? 目に余る「行政の不作為」

「とうとうこんな事態になってしまった」12/31、東京の新規感染者はいきなり1,300名を越え、全国も4,500名を越えた。オーバーシュートの不安が頭を過る。クラスター発生件数は、医療崩壊や運営停止になりかねない、病院や高齢者福祉施設で11/9現在それぞれ、333件と36…続きを読む

このコロナ禍は行政訴訟に価するのではないか? 目に余る「行政の不作為」

夏マスク騒動を振り返る。涼感、抗菌、通気性から秋冬マスクへ

台風シーズンの到来と厳しい残暑の波状攻撃で疲れもピークに来つつある。新型コロナウイルスへの感染予防として日本中でマスクの需要が高止まりとなっているが、特に夏季は熱中症とのバランスで、夏用マスクが爆発的な売り上げとなった。 そもそも春のマスク品薄パニックから、アベノマスク…続きを読む

 夏マスク騒動を振り返る。涼感、抗菌、通気性から秋冬マスクへ

新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目

死亡者数が報告されている国だけでも50万人に迫る勢いの新型コロナウイルス(COVID-19)による感染症。各国で治療薬やワクチンの開発が試みられているが、6月の中旬段階で有効性、安全性が確立されているものはいまだにない。 そんな中、にわかに注目を集めているのが幹細胞によ…続きを読む

新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子