「耳/鼻/のど」の記事一覧

その症状、花粉症ではなくPM2.5かも  重症化を避ける予防法とは

春に多い、喉の痛みや目の痒み、くしゃみや咳の多さは花粉のせいばかりではない。この時期に飛来する「PM2.5」の影響も少なくないからだ。 PMとは、「Particulate Matter(粒子状物質)」の頭文字をとったもの。PMは肺がんや喘息の一因とされ、PMの濃度が高…続きを読む

その症状、花粉症ではなくPM2.5かも  重症化を避ける予防法とは

くしゃみを我慢しようとしたら喉の奥が破裂して重体に…くしゃみは我慢するな!

くしゃみが出そうな時は、我慢しないほうが良いかもしれない。くしゃみを我慢しようと鼻をつまみ口を閉じたところ、喉の奥が破裂して、会話や飲食も困難になった男性がいるという――。 英レスター大学病院NHSトラスト耳鼻咽喉・頭頸部外科のWanding Yang氏らは、くしゃみを…続きを読む

くしゃみを我慢しようとしたら喉の奥が破裂して重体に…くしゃみは我慢するな!

浜崎あゆみ、堂本剛……芸能人にも多い「突発性難聴」は早期治療が鉄則

健康情報を扱う仕事に就いて驚いたのは、「耳鳴り」や「難聴」など、耳のトラブルを抱えている人が非常に多いということだ。高齢になると耳が遠くなることは、よく知られている。しかし、耳のトラブルは年齢に関係なく起こっている。 今年の6月に、男性アイドルデュオ・KinKi Kid…続きを読む

浜崎あゆみ、堂本剛……芸能人にも多い「突発性難聴」は早期治療が鉄則
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子