「食品」の記事一覧

麺のコシやツルッとした喉ごしの秘訣は食品添加物!肌のかゆみを引き起こす?

温かいそばやうどんが、食べたくなる季節になってきた。市販のインスタント食品や簡単に調理できる生麺・乾麺など、品揃えも豊富で入手しやすく、手軽に食べられることもあって“国民食”といえる存在だ。 そばやうどんの魅力は、なんといっても麺のコシやツルッと喉ごしよい食感。見た目…続きを読む

麺のコシやツルッとした喉ごしの秘訣は食品添加物!肌のかゆみを引き起こす?

1歳前にピーナッツを食べ始めてアレルギーを回避? 乳児の発症率が80%低減

特定の食材を食べた後にじんましんや吐き気などの症状が現れる「食物アレルギー」。食品によっては、急性の全身性かつ重度なアレルギー反応の一つ「アナフィラキシーショック」を発生し命にかかわることもある。特に魚介類、ナッツ、ピーナツ、ソバは重篤なアナフィラキシーを起こすことが多い…続きを読む

1歳前にピーナッツを食べ始めてアレルギーを回避? 乳児の発症率が80%低減

レストランでも健康に悪い?  塩分多めでファストフードより肥満や高血圧のリスク

忙しい私たち現代人の暮らしに、今やなくてはならないものがファストフードチェーンなどの「外食」。安い・早い・便利ゆえ、つい週に何回も利用してしまう。すると、「あまり頻繁だと身体を壊さないかな」と、健康のことが頭をよぎることもあるだろう。 確かにファストフードはヘルシーで…続きを読む

レストランでも健康に悪い?  塩分多めでファストフードより肥満や高血圧のリスク
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子