「薬」の記事一覧

「食塩中毒」で1歳児が死亡! 200gの「食塩」を摂取して自殺した成人も

2015年8月、岩手県盛岡市内の無認可の保育施設で、当時1歳の女児が大量の食塩入りの飲み物を飲まされて、中毒死していたことが判明した。岩手県警は、2017年7月、保育施設を経営していた34歳の女性を傷害致死容疑で逮捕。容疑者は女児の気分が悪そうだったので、塩分補給の目的で食…続きを読む

「食塩中毒」で1歳児が死亡! 200gの「食塩」を摂取して自殺した成人も

ここまで身近になった薬物乱用! 国民の0.1%が何らかの違法薬物にかかわった経験が

近日、人気グループの元メンバーや大物俳優の息子の若手俳優が覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕されるニュースが流れました。 ここ数年だけでも、国民的な人気のあった元プロ野球選手や元俳優、歌手など、覚せい剤や大麻の使用で逮捕される有名人の違法薬物事件が相次いで報じられています…続きを読む

ここまで身近になった薬物乱用! 国民の0.1%が何らかの違法薬物にかかわった経験が

ロキソニンを飲んでのスポーツは危険! 米心臓病協会が運動後の副作用リスクを指摘

苦痛は嫌だ! 痛みを鎮める薬がほしい! サッカーW杯選手のクスリ漬けの生々しい実態が明らかになった――。 国際サッカー連盟(FIFA)所属の研究者らは、FIFAワールドカップ(W杯)の2002~2014年の4大会(日本・韓国、ドイツ、南アフリカ、ブラジル)に参加したプ…続きを読む

ロキソニンを飲んでのスポーツは危険! 米心臓病協会が運動後の副作用リスクを指摘
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子