「食品」の記事一覧

2018年節分、恵方は南南東!改めて節分の豆の栄養を考えた

鬼は外、福は内! 2月3日は節分だ。 「恐るべき年取豆の多きかな」(木村たみ子『水の音』)という秀句がある。子どもの頃は、豆の数が少ないのが不服だったが、年をとると両手からこぼれ落ちるほどだ。老いの憤りとも悲しみとも感謝とも読める。 節分の翌日、2月4日は立春。春が…続きを読む

2018年節分、恵方は南南東!改めて節分の豆の栄養を考えた

「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主? 実は日本人女性の3人に2人は効果なし!

師走ともなれば熱々のお鍋の季節だ。お鍋といえば欠かせないのが「豆腐」。良質のタンパク質、炭水化物、脂質、食物繊維、ミネラル、ビタミンのほか、サポニン、レシチン、大豆イソフラボンなどの微量成分がふんだんに含まれている。なかでも人気なのは「大豆イソフラボン」だろう。 大豆イ…続きを読む

「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主? 実は日本人女性の3人に2人は効果なし!

糖質制限中でもOKな人気外食メニューは? 医師が食後血糖値を大公開!

コンビニ、牛丼屋、回転ずし、ハンバーガーショップなどで食事をしては、血糖値を測定。自身のカラダを実験台に、「糖質制限中でも外食できる」ことを確認しているのが、今回ご紹介する通称「亀ドク」こと亀川寛大(かめかわ・かんだい)医師だ。 熊本市内にある「なごみクリニック」で院長…続きを読む

糖質制限中でもOKな人気外食メニューは? 医師が食後血糖値を大公開!
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子