ダイエットで膝関節の痛みは軽減! 20%以上の減量で外科・薬物の治療も不要に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20%以上減量すれば外科治療や薬物治療の必要もなくなる

 米国立衛生研究所(NIH)は、過体重や肥満の成人の減量目標として、まずは現在の体重を10%減らすことを推奨している。

 しかし、Messier氏は「今回の結果から、NIHの推奨基準を超える20%以上の減量に成功すると、膝OA患者は外科治療や薬物治療を行うことなく良好な臨床転帰が得られることが分かった」と強調している。

 専門家の一人で米レノックス・ヒル病院のMatthew Hepinstall氏は「日々の診療で過体重は膝OA患者の転帰に大きな影響を及ぼす因子であることを実感している」と話す。

 そして、今回の結果を受け「膝OAを抱える過体重や肥満の患者において、減量は外科手術を行わずに痛みを軽減し、QOLを向上させる数少ない手段の一つだとする新たなエビデンスが加わった。

 減量は簡単なことではないが、その有益性からも患者が努力するに値することを強く裏づけるデータだ」と評価している。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子