連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第37回

「食塩中毒」で1歳児が死亡! 200gの「食塩」を摂取して自殺した成人も

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成人では食塩200gを摂取して自殺した例も

 我が国で起こった、食塩大量摂取後に死亡した成人例に関する貴重な報告があるので解説する(出典「日本救急医学会雑誌」2016年、泉谷義人医師)。

 患者は統合失調症の既往歴を認める36歳女性。精神科を退院した当日に、自宅で200gの食塩(約4g/kg)を摂取したのちに、嘔吐、意識障害をきたしたため、救急外来を受診した。

 食塩の成分である血清ナトリウム濃度が192mEq/L(正常値は135~145)と異常高値を呈し、病院搬送後、急激に意識レベルが低下したためICUで治療した。食塩摂取致死量は0.5~5g/kgで、血清ナトリウムが185mEq/L以上であれば致死的状態であると判断される。不幸にも頭部CT検査で、右側頭葉にくも膜下出血も認めた。

 人工呼吸管理、低張ナトリウム液や酢酸リンゲル液、ブドウ糖の大量輸液などの治療で、血清ナトリウム濃度を急激な補正は「脳浮腫」を増悪する恐れがあるため、緩徐に補正した。しかしその後、自発呼吸や対光反射の消失、さらに著明な脳浮腫を認め、血清ナトリウム濃度は改善できなかった。脳機能は停止したと判断され、入院後37日目に鬼籍に入った。

 諸外国の「食塩中毒」に関する報告でも、乳幼児にケースでは親や施設の職員による恣意的過剰被摂取、成人では自殺企図例が認められる――。

 夏場は熱中症になりやすい。特に乳幼児は汗をかきやすく、脱水症を呈することが多く認められる。塩分を補給する必要に迫られることも多いが、スポーツドリンクの過剰摂取には注意が必要である。真水や麦茶などでの水分補給を心がけることも必要となろう。

連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子