連載「病理医があかす、知っておきたい“医療のウラ側”」第9回

患者自身が治療法を選ぶと“医療リスク”が高まる!? ~インフォームドコンセントの難しさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ病変を見て違う診断病名が用いられることは稀でない

 同様に、多くの外科医に病理診断はできない。病理診断を任せられるようになるまでには、数年間の専門医トレーニングが必須だからだ。顕微鏡所見の理解は、医学の中でもきわめて専門性の高い部門に属す。必要に応じて病理医が、直接、患者さんに説明する必要性があるだろう。

 一方、病理診断の言葉の使い方も、必ずしも統一されていない。同じ病変を見て、違う診断病名が用いられることは稀でない。病理医の好みや教育背景の違いにとどまらず、腫瘍の組織分類の問題にもつながる。

 このへんのニュアンスは、医学生や病理医以外の医師にはわかりにくい。まして、患者さんにとっては難解きわまりない。このことが、誤解・すれ違いの原因となりうる。

 たとえば、胃生検で「低分化腺癌」と「印環細胞癌」はほぼ同義だが、違う言葉として表現される。大腸ポリープで腺腫の異型性が部分的に増した病変に対しては、異型の強い腺腫、高度異形成、境界病変、腺腫内癌などの言葉が使われるだろう。

 これらは事実上ほぼ同義で、病変がとりきれていれば、それ以上の治療が不要であることを意味する。しかし定義上、「腺腫」は「良性腫瘍」、「癌」は「悪性」である。難解というより理不尽だ。

性善説に支えられた信頼関係が前提であってほしい

 個人的な見解をあえていわせていただければ、インフォームドコンセントに基づく患者さん自身による「インフォームドチョイス」は、医療のリスクが高まる方向に作用する可能性が少なくない。なぜなら、なぜその治療がいいのか、患者さんが完全に理解することは難しいからである。

 パターナリズムの医療を容認するつもりはないが、専門の医師が患者さんに最良と判断した選択と素人の患者さんの選択を並列的に比べるには無理があろう。患者さんがリスクの高い選択をした場合、医療者はそれをそのままにすべきだろうか?

 「選択した患者さんの責任だから仕方ない」ではすまされない、という医療側の思いは小さくない。このあたりを理解しあえる良好な医師・患者関係が構築されることを祈る。

 まず医療不信ありきの性悪説ではなく、性善説に支えられた信頼関係(トラスト:信託)が前提であってほしいのだが――。

連載「病理医があかす、知っておきたい“医療のウラ側”」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子