シリーズ「再生医療の近未来」第1回

"再生医療"とは何か?~臓器再生から病気の原因究明、新薬の開発、細胞移植治療まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今後、研究がさらに進めば、神経細胞、心臓や肝臓などの臓器を再生したり、病気の原因を究明したり、新薬を開発したりすることに応用できる。

 たとえば、目の組織の一部である角膜を再生し、視力を回復させる。網膜を再生したり、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)の治療に応用できる。いずれも現在、理化学研究所などが臨床段階に入ったところだ。ちなみに、加齢黄斑変性症は、加齢によって網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見たい部分が見えにくくなる病気。欧米では成人の失明原因のトップ、日本では失明原因の第4位だ。

 また、血液の成分である血小板を作製して、赤血球や白血球を作ることも可能になる。血液成分を大量に作って保存すれば、献血が不要になり、輸血治療に大いに役に立つだろう。

 さらに、血糖値を調整する能力をもつ神経細胞が切断される外傷を負った1型糖尿病なら、失われたネットワークをつなぐ神経細胞を移植する。パーキンソン病や心筋梗塞なら、患者の体細胞からiPS細胞を作り、神経細胞、心筋細胞に分化させる。その患部の状態や機能がどのように変化するかを詳しく調べれば、病気の原因も解明できる。

 このようなES細胞やiPS細胞による再生医療は、臓器移植とは異なり、ドナー(臓器提供者)の不足という問題を解消する道も拓くだろう。

 ただ、現時点では、ES細胞やiPS細胞による再生医療は、技術的にも生命倫理的にも社会制度的にも解決すべき難題が少なくない。次回からは、ES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞が挑んでいる近未来の姿を、分かりやすく少しずつひも解いて行く。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

クラウドファンディング - READYFOR (レディーフォー) 「命を救う新たな選択肢を!肺がんに対する免疫療法の治験を利用した研究」7月9日(金)まで23時まで支援募集中
nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子