連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」第18回

片頭痛とてんかんに多い共通点 あなたは「共存タイプ」「独立タイプ」「並存タイプ」のどれ?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
片頭痛とてんかんに多い共通点 あなたは「共存タイプ」「独立タイプ」「並存タイプ」のどれ?の画像1

片頭痛とてんかんはおなじ?

 神経疾患の中で、てんかんの人の有病率(病気を持っている人の割合い)は、約1%であり、100人のクラスだと1人はてんかんを持っているいということになります。ちなみに片頭痛は、もっと多数の方が罹患しており、約6%とされています。

 この「片頭痛とてんかん」は「神経機能性疾患」と呼ばれ、脳の病気では、良い時(病気のない時)と発作の時(病気が起こっている時)があるという点など、両方の病気は共通している部分が多い病気とされています。そのような共通している2つの病気について、今回はお話ししたいと思います。

片頭痛と合併しやすい特発性てんかん

 そもそも片頭痛とは、軽度から激しい頭痛、体の知覚の変化、吐き気といった症状によって特徴付けられる頭痛です。生理学的には、片頭痛は男性よりも女性に多い神経学的疾患で、セロトニンや神経伝達物質であるCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)などの神経ペプチドが関連しているとされています。

 一方、てんかんの原因も神経細胞の異常な興奮によって起こるとされています。簡単にお話すれば、神経細胞の電気的ショートが起こって、てんかんという病気になるといると考えられます。

 WHO(世界保健機関)では「てんかんとは、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。」と定義されています。この中で脳梗塞、脳腫瘍などの病気がないような、原因不明のてんかんを「特発性てんかん」と呼びます。このタイプが片頭痛と合併しやすいと考えられます。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子