健康な膣は「弱酸性」〜<膣内フローラ>の改善が「ニオイ」「性器ヘルペス」の予防に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活改善と乳酸配合ジェルで弱酸性を保つ

 乳酸桿菌などの善玉菌が減少する原因はさまざまだが、最も大きいのが免疫力の低下といわれている。免疫力は、病気のほかにも、ストレスや睡眠不足、疲労などでも低下するが、そのほとんどはすぐに改善できるものではない。

 最近では、膣に直接、乳酸を挿入するという方法もある。乳酸配合ジェル「インクリア」は膣に挿入することで、膣内を弱酸性に傾ける。

 悪玉菌を減らそうと、陰部を石けんでゴシゴシ洗うと、善玉菌まで減らす可能性もある。<健康な膣>のためには、生活習慣の改善を心がけるのがいちばんだ。そのうえで、乳酸配合ジェルを使ってみたらいかがだろう。

 ただし、膣のニオイがきつかったり、痛みやかゆみがひどいときには、婦人科を受診してもらいたい。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子