市川海老蔵さんも「没イチ」に……<配偶者ロス>を越えていく生き方は?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦ふたり暮らしは、いつかは必ず「没イチ」に

 

 「没イチ」は決して人ごとではない。

 厚生労働省の国民生活基礎調査(平成25年)によると、「世帯構造別にみた世帯数の構成割合の年次推移」を見ると、「夫婦のみの世帯が23.2%」「単独世帯はそれを上回る26.5%」で、夫婦と独居でおよそ半数を占める結果となった。

 同調査の「世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移」では平成25年の「夫婦のみの世帯は31.1%」。核家族で子供が独立すれば夫婦ふたり暮らしとなり、夫婦のどちらかが先に死ねば独居=「没イチ」となる。

 もちろん、他の家族と同居していても配偶者に先立たれたら「没イチ」になるわけだが、独居と他の家族と同居では、配偶者ロスの長引きかたが違うだろう。とりわけ男性はなかなか立ち直れないことが多く、配偶者ロスがひどい場合には自死を選んでしまう人もいる。

 しかし、「時間薬」とはよく言ったもので、多くの人は時間の経過とともに徐々に立ち直っていくものだ。だいたい「女性では約3年」と言われる。数年かけて配偶者の死から立ち直った没イチたちは、もう振り返らない。

 人生を謳歌することにやましさを感じる必要はないからだ。そんな没イチに向けて、さまざまなサービスが花開いている。

 まずは旅行。これまでツアーといえば夫婦や友人、家族単位での商品が多かったが、「おひとりさま」向け商品が各社国内外問わず増えてきている。中には婚活バスツアーなるものもあり、大きな期待を持って参加する没イチもいる。

 また、カラオケ店ではひとり客が増えたことから、ひとりカラオケ専用ルームのある店、さらにひとりカラオケ専門店まで登場している。レストラン、居酒屋などでもひとり客用の席を設けている店も増えた。

「没イチ」の再婚を邪魔しているのは?

 

 多くの没イチは「死んだ配偶者に操を貫く」などという考えから解き放たれている。シニア専門の結婚相談所、婚活パーティーを訪れるなど積極的に新たなパートナーを求める人も。

 しかし、運よく新たなパートナーと巡り合えたとしても、茶飲み友達、あるいは恋人までなら問題はないが、結婚を考えると少なからず障壁がある。

 まずは「子ども」だ。「いい年をして」「財産狙い?」「死んだお母さんに顔向けできるの」など反対されることがある。本音は相続すべき財産が減ることが不満なのだとしても、さまざまな理由を並び立てて反対し、しまいには「もう孫に会わせない」などと言われ泣く泣く結婚を諦めたという例もある。

 もう一つの障壁は「年金制度」だ。例えば厚生年金に加入していた夫が亡くなった場合、妻は遺族年金を受給しているわけだが、この妻が再婚すると、遺族年金はもらえなくなるのだ。

 その後、新しい配偶者と離婚したとしても、前の夫の遺族年金が復活することはない。こんなことから、再婚に二の足を踏んでしまう女性も少なくない。

 日本人の平均寿命は伸び、2025年には団塊世代が一斉に後期高齢者となり、今後「没イチ」は増える一方だ。遺族年金は、亡くなった人が掛けていた年金を遺族が代わりにもらう制度だ。再婚してもその権利が失われないよう見直しが求められる。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

クラウドファンディング - READYFOR (レディーフォー) 「命を救う新たな選択肢を!肺がんに対する免疫療法の治験を利用した研究」7月9日(金)まで23時まで支援募集中
nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子