殺虫剤がきかない「南京虫(トコジラミ)」の被害が拡大〜欧米ではホテルの休業騒ぎ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
98883-2.jpg

南京虫(トコジラミ)の被害が世界中で拡大(shutterstock.com)

 日本政府観光局(JNTO)の累計では、今年の1〜3月の訪日外客数(総数)は575万2800人、前年同月比の伸率39.3%と絶好調ぶりが伺える。

 2020年東京五輪を見据えた宿不足解消策として東京・大田区で特区民泊事業も始まったが、今回紹介する問題には、どんな国家戦略が取られるのだろうか?

 「南京虫」という古くからの俗称もあまり聞かれなくなり、国内では数十年前に姿を消したともされてきたトコジラミ(英名:bedbug、学名:Cimex lectularius)。現実は消滅どころか、彼らの皮膚が厚くなり、むしろ進化に伴い、一般的な殺虫剤に対する「耐性」が高まっている可能性が濃厚だという研究報告が公表された。

 この知見から、近年、欧米中心に拡がるトコジラミ被害の増殖理由を説明できるのではと耳目を集めている。

厚みが増して殺虫剤に負けない屈強さを得る

 注目の研究結果は「PLOS ONE」(4月13日)に掲載された。研究著者であるシドニー大学(オーストラリア)のDavid Lilly氏はこう語っている。

 「トコジラミが殺虫剤に対抗するために培った生物学的メカニズムを解明できれば、その防御の隙を突き止められる。その弱点が新しい対策に利用できる可能性は高いと思います」

 トコジラミは、その名称に反して、シラミ目ではない。セミやアブラムシやアメンボなどと同じカメムシ(半翅)目に属する昆虫だ。他の昆虫と同様にクチクラ(角皮)と呼ばれる外骨格で覆われている。

 Lilly氏らは走査電子顕微鏡を用いて、殺虫剤に耐性を持つトコジラミから採取したクチクラの厚さを検証。同様に耐性の低いトコジラミの外骨格も調べて、双方を比較したという。

 その結果、殺虫剤を曝露された際、クチクラが厚いほど生存率が高い可能性を突き止めた。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子