シリーズ「これが病気の“正体”!」第3回

【閲覧注意】原因不明の「クローン病」に侵された腸! 国内に4万人以上の患者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
crohn1.jpg

「クローン病」に侵された腸

 クローン病は、口から肛門までのすべての消化管(全長約6m)に慢性肉芽腫性炎症を生じる“原因不明”の疾患だ。

 厚生労働省は、クローン病を特定疾患に指定。とりわけ、終末回腸(回腸末端から盲腸にかけての回盲部)が好発部位だが、大腸に発生するクローン病も稀でない。「潰瘍性大腸炎」とともに「炎症性腸疾患」(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。

 発症は10代後半から20代の若年層に多く見られ、国内での罹患者数は4万人以上。およそ2:1で男性が多い。致死的でないうえに、簡単に治癒しない病気なので、患者の高齢化が進んでいる。

 腸管の壁の全層にわたって炎症が生じる結果、腸管の狭窄や腸管同士の癒着・瘻孔(トンネルのようにつながること)が生じやすく、腸に穴が空いて緊急手術を要する場合も生じる。

 掲載したのは、定型的なクローン病(終末回腸炎)の肉眼像である。回腸末端部に縦に走る潰瘍(縦走潰瘍)がみられ、病変が多発している。

 クローン病は、潰瘍性大腸炎と違って病変が腸管の一部に限られるため、手術適応になる例が多い。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子