連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか?」第10回

その腰痛、“足のシビレ”ありませんか? 実は腰以外の痛みに疑われる別の疾患

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もし、足がしびれたり痛みが出たりするタイプの腰痛が生じたら、どの動作でしびれが悪化するのか、どの動きで楽になるのを考えてみよう。

 また、動いていなくても自分の立っている姿勢が、もしかしたら反り腰になっているかもしれないし、逆に丸まっているかもしれない。動作だけではなく、姿勢にも注意する必要がある。

 しびれや痛みが悪化する動作や姿勢を自分で把握できれば、ある程度自分でこコントロールすることが可能になるはずであり、それは腰痛に対する過度な恐怖心を減らすことにもつながる。

 まとめると、下半身がしびれたり痛みが出ている場合、それは脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアのような、しびれを伴う腰痛の可能性がある。それには姿勢や動作が深く関わっている。思い当たる症状があれば、一度近くの医療機関で医師や理学療法士に診てもらうことをお勧めする。


連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか?」のバックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子