飲む前に服用するだけで酒量が減る? アルコール依存症の新薬がついに発売開始

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲む前に服用するだけで酒量が減る? アルコール依存症の新薬がついに発売開始の画像1

禁酒ではな<減酒>なら可能か?

 歓送迎会、同窓会など心浮き立つ酒宴に事欠かないこの季節。だが、飲み過ぎにはアルコール依存症のリスクがつきまとうことを忘れてはならない。

 飲酒による快楽を習慣的・慢性的に繰り返し得ようとして、短期間に大量の飲酒(多幸感の継続獲得)をすると、思考・感情・理性を司る大脳の前頭葉の働きが弱まり、快楽や多幸感を司る脳内の神経伝達物質のドーパミンが過度に放出されるため、アルコール依存症(アルコール使用障害)に陥る。

 アルコール依存症は、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝細胞がんなどの肝臓疾患、複数のがん、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病、さらにはうつ、不安障害など200以上の重篤な疾病のリスクを高めるといわれている。

 しかも、家庭崩壊、職場放棄、飲酒事故、傷害、DVなどのトラブル、人間関係の破綻、借金、人格の破壊、絶望死などの破局をもたらす恐れもある。

 2003年に実施された調査によると、日本でアルコール依存症の疑いのある人は440万、治療の必要なアルコール依存症の患者は80万人いると推計されている。(厚生労働省、疾患の詳細)

 では、アルコール依存症の治療はどのように進めるのか?

これまでの抗酒薬や断酒薬の効果は限定的

 アルコール依存症の治療目標は「断酒の達成と継続」であることから、治療は心理社会的治療(認知行動療法/集団精神療法/動機付け面接法/家族療法)を中心に行い、補助的に薬物治療を行う。

 アルコール依存症の薬物治療は、抗酒薬のシアナミドやジスルフィラム、断酒薬のアカンプロサートが処方されている。

 抗酒薬は、肝臓のアルコール分解酵素のアルデヒド脱水酵素(ALDH)を阻害し、飲酒時の血中アセトアルデヒド濃度を上げるため、顔面紅潮、熱感、頭痛、悪心・嘔吐などを引き起こし、飲酒欲求を抑制する。だが、断酒治療を拒否・放棄する症例が多いため、飲酒渇望を抑制する効果は弱く、副作用は強い。

 また、断酒薬は、アルコール依存症患者の脳で亢進する興奮性神経(グルタミン酸作動性神経)を抑制するので、神経伝達の均衡が保たれ、イライラ感や飲酒欲求を和らげる。しかし、国内の臨床試験によると199例中37例(18.6%)に副作用が認められた。主な副作用は、下痢28例(14.1%)、傾眠、腹部膨満、嘔吐各2例(1.0%)だ。さらに1日3回服用が必須のため、断酒への強い意志と規則正しい生活が求められ、効果も限定的とされる。

 今年3月、新に国内初の減酒薬「ナルメフェン」が発売されたが、これは今までの薬とどこ違うのだろうか。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆