連載「救急医療24時。こんな患者さんがやってきた!」第8回

「急性アルコール中毒」での搬送が実は…… 意識障害と嘔吐の原因は別にあった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急性アルコール中毒ではない患者の見分け方

 急性アルコール中毒による意識障害という事前情報でERに来院する患者の中に、本当は急性アルコール中毒ではない場合が時としてある。そのような場合、大部分の原因は、酔って転倒後の頭部打撲で、外傷性頭蓋内出血による意識障害である。

 急性アルコール中毒時の頭部外傷は、明らかな頭部外傷の痕や頭部外傷の現場を誰かが見ていればわかるが、そうでない場合は見逃される危険もある。

 外傷性頭蓋内出血があるにもかかわらず、急性アルコール中毒による酩酊た、単に寝ているだけだと見なされて、その後いつまでたっても覚醒しないため救急搬入され、その時には瀕死の重傷という場合も少なくない。

 今回のような、急性アルコール中毒と脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)が同時に起こるケースは珍しいが、急性アルコール中毒の患者の意識障害の除外診断としては、前述した外傷性頭蓋内出血の次に重要である。

 脳卒中の中でも脳梗塞や脳出血は片麻痺が出ることがほとんどであるため、その診断は比較的、容易である。しかし、今回のようなくも膜下出血は、片麻痺を起すことはまずない。

 意識障害と嘔吐という、急性アルコール中毒とよく似た症状であるため、診断が難しくなる。そのため、急性アルコール中毒と意識障害の患者に対しては、常に頭蓋内疾患を考えた診察が必要となる。

 急性アルコール中毒で酩酊状態になっている人が、別の原因で意識障害を起こしたとしても、周りの人は気づきにくい。そのため発見が遅れる場合がある。今回は患者の同僚が、おかしさと恐ろしさを感じて病院に連れてきてくれたため、早期の対応が可能となった。非常にラッキーなケースである。

連載「救急医療24時。こんな患者さんがやってきた!バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子