連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」第9回

薬剤の使用過多による頭痛!ロキソニンやトリプタンなどの頻回使用で頭痛に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」の特徴は?

 今回は、昨年3月には取り上げなかった、このMOHについてもう少しみなさんに知って欲しいこと、また、最近の知見について書いてみたいと思います。

 MOHの患者さんには、以下のような特徴が見られます。

●片頭痛患者は働き盛りの20〜40歳代に頻度が高い。
●男女差も女性に多く、緊張型よりも片頭痛型に多い。
●病院や診療所を受診せずに、薬局・ドラッグストアにて市販の鎮痛薬を購入し、自己管理をしている場合が多い。
●頭痛症状のない関節痛やリウマチ患者さんなどでは、鎮痛薬を連日内服してもMOHを合併することはない。

 MOHは原因薬物の中止によって70%の症例で改善が得られるとされているとする報告があります。また、 MOHは約半数近くの患者さんは、再び薬物乱用頭痛を引き起こすとされています。再発の原因として、うつ病との関連が指摘されています。MOH患者さんのうつ病有病率は25〜50%との報告があります。

 これら、MOHの診断基準に当てはまる人や、上記特徴に当てはまる人は、自分ひとりで悩まずに、気軽に頭痛専門医のいる医療機関を受診してみてください。頭痛のつらさを理解してもらえる医師との出会いがあると思います。頭痛専門医は、日本頭痛学会のホームページ(http://www.jhsnet.org/ichiran.php)から検索可能です。

●参考文献
Characteristics of mood disorders in Japanese patients with medication-overuse headache.
Kaji Y1, Hirata K.
Intern Med. 2009;48(12):981-6. Epub 2009 Jun 15.

Medication-overuse headache in Japan.
Kanki R, Nagaseki Y, Sakai F.
Cephalalgia. 2008 Nov;28(11):1227-8.

連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子