シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第8回

三つ子の魂百まで!? 赤ちゃんの脳のシナプスが1〜3歳頃にピークを迎えるのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シナプスの数が1〜3歳頃にピークを迎えるのは、なぜか?

 シナプスの過形成と刈り込みが起きる理由は、よく分かっていない。だが、脳に何らかのダメージが起きた場合に備えて、シナプスをあらかじめ多めに作っておく働き(過形成)に関係があると考えられる。未熟な赤ちゃんを守るために、万一に備えてシナプスを多く蓄える過形成という巧妙な仕掛けが赤ちゃんに備わっているのだ。

 たとえば、ニューロンやシナプスが増加した状態は、細い小道が縦横無尽に走っているような状態だ。だが、1〜3歳くらいになると、よく使うシナプスを太く丈夫にするために、周辺のシナプスを減らして(刈り込んで)、情報伝達を効率よく行っている。

 このように、シナプスの過形成と刈り込みは、情報の流れをスムーズにスピーディにするために、たくさんある細い小道を一本の幹線道路にひとまとめにする状態によく似ている。まさに、三つ子の魂百まで。頭でっかちの赤ちゃんだが、脳の中では、脳の大きさ(成長)と機能(発達)が二人三脚しながら、赤ちゃんがスクスク育つように用意周到に準備しているのだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子