連載「救急医療24時。こんな患者さんがやってきた!」第8回

「急性アルコール中毒」での搬送が実は…… 意識障害と嘔吐の原因は別にあった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ERドクターが一瞬感じた違和感

 一段落したERドクターは、急性アルコール中毒の患者の診察を始めた。「わかりますか?」と話しかけても患者の応答はない。完全に酩酊状態である。ただしERドクターは、酩酊状態にしては「痛み刺激」を加えた時の反応が少し鈍いのではないかと感じていた。

 その後、ERドクターは待合に行き、同僚の人たちの話を聞き始めた。同僚たちは不安そうな顔つきでERドクターを見た。

「今日はみなさん、一緒にお酒を飲んでいたのですよね?」
「そうです」
「この人はいつからお酒を飲み始めましたか?」
「夜の8時前からです」
「そうすると、かれこれ3時間余りになりますね」
「そうなりますね」
「この人がこのような酩酊状態になることはよくあるのですか?」
「時々はありますが、こんなにひどいのは初めてです」
「そうですか……」
「先生、急性アル中で死ぬこともあるのでしょう?」
「もちろんあります。ところで、みなさんは、この人とずっと一緒にいましたか?」
「はい? どういうことでしょうか?」
「私が訊きたいのは、みなさんが目を離した隙に転倒して頭を打つようなことはなかったか? ということです」

 同僚のひとりが「それはないと思うのですが……」と言って話を続けた。

「『店のトイレで誰か倒れている』というので行ってみると彼だったのです。その時、いっぱい吐いていました。洋式便器の上に倒れこむような格好でしたので、頭を打ったということはないと思うのですが……。頭に傷もなかったと思うので……」

 さらにERドクターの質問は続く――。

「この人がトイレへ行く前と後では、おかしさが変わりましたか?」
「今日はかなり酔っていましたし、トイレで寝てしまったとばっかり思っていたのです。ただ、起こしても起きないので恐ろしくなって連れてきたのです」
「ということは、トイレに入る前後で状態が変わった可能性があるわけですね?」
「そう言われれば、そうですね」と言って同僚たちは顔を見合わせながらうなずいた。
「わかりました。一応、頭の検査もしておきます。ところで家族には連絡が取れていますか?」
「もうすぐ奥さんが来られると思います」

急性アルコール中毒の裏に隠された意識障害の原因

 ERドクターは、再度、患者の神経学的所見を取り、頭部CTと頭部X線検査の指示を出した。担当ERナースが患者をレントゲン室へ連れて行ってからしばらくすると、内線電話が鳴った。電話を受けたERナースが叫んだ。

「えー、くも膜下出血?」
「やっぱりそうか!」

 ERドクターは急に険しい顔になりレントゲン室へ走って行った。CT画面上の所見は、たしかに、くも膜下出血である。それも外傷によるものではない。

 その時、ERドクターには、この患者の経過がイメージできた。トイレに入る前後に、くも膜下出血を起こし、意識がおかしくなり、多量に吐いたのであろう。この患者は単に急性アルコール中毒による酩酊状態ではなく、本当は昏睡レベルの意識障害だったのだ。

 この患者の「痛み刺激」に対する反応が、酩酊状態にしては少し鈍いと感じていたERドクターの疑問の謎が解けた。その後、この患者は直ぐに脳神経外科に入院となった。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子