連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第20回

慶応病院の麻酔科医が危険ドラッグを輸入! 不法薬物に溺れた医療者の実態

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
17376-2.jpg

禁止薬物を輸入に逮捕される医師が続出!(shutterstock.com)

 絶対あってはならない私が恐れていた事件が多発している。こともあろうに、人々の病気の治療や健康の保持・増進にかかわらねばならない医師が、危険ドラッグや覚せい剤、麻薬を個人的に輸入していたとの報道が続出しているのだ。

 5月10日、慶応義塾大学病院の49歳の麻酔科医が、有害物質である亜硝酸イソプロピルが含まれている危険ドラッグ「RUSH」の小瓶10本を外国より輸入したとして、医薬品医療機器法違反などの疑いで神奈川県警に逮捕れた。

 容疑者の麻酔科医は「危険ドラッグであるとの認識がなかった」と述べているという。

 RUSHは数年前までは国内のヘッドショップで売買されており、若者を中心に爆発的に吸引者が増えた。この危険ドラッグを吸引すると酩酊感が得られるが、めまい、呂律難、手足のしびれ感、吐き気などの症状が出現し、最悪の場合は呼吸が抑制され死亡するケースもある。

 私もこの連載の第6回で、ラブホテルで20歳代の女性がRUSHを吸引して緊急搬送された症例を報告をした。

医療関係者が不法薬物に関与するとは言語道断

 危険ドラッグのショップは、取り締まりの成果などによって、現在は存在しなくなった。しかし、インターネットの普及によって、いつでも誰でも海外から購入できる状況は変わっていない。

 なかでも医学や薬学の知識を有し語学力もある医師は、危険ドラッグ関係のサイトで簡単に輸入手続きができることだろう。私もある英国の輸入サイトにたどり着き、いとも簡単に購入手続きが可能であることを以前より認識していた。

 医師は利用してほしくないと願っていたが、この麻酔科医は何故輸入したのか動機は不明であるものの、医療関係者が不法薬物に関与することは言語道断である。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子