連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか?」第7回

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかしながら、デスクワークの場合、仕事を中断してまで姿勢を変えることは難しい。そこで登場するのが、可動式デスクだ。デスクが縦に可動することにより、立ってデクスワークをすることが可能となる。世界ではさまざまな可動式デスクがすでに登場している。これにより、腰痛予防はもちろん、前述したように心臓病や糖尿病の予防にもなる。つまり健康的に仕事ができる。

 その可動式デスクにスマートフォンアプリを組み合わせている製品も登場している。これは一定の時間になるとアラームが鳴り、デスクの高さを変更するように促したり、1日で座って仕事をした時間、立って仕事した時間を記録して管理してくれたりする。さらにボタンひとつで予め設定したデスクの高さに変更してくれるので、変更するたびに高さを微調整する必要もない(参考:https://youtu.be/H7b8GMvqi_E)。

 このように、可動式デスクが世界で開発されているということは、世界が同じ姿勢(座位姿勢)を取ることの危険性を認めていることでもある。近いうちにデスクは縦に可動するのが当たり前になるのかもしれない。

連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか?」のバックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子