連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第16回

危険ドラッグ患者を診察した際、医師は警察や行政機関に通報すべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 危険ドラッグ使用患者のトリアージ(尿などを検査して麻薬が含まれているかの検査法)を行った結果、陽性であり、症状が重症かつ危険ドラッグ依存性の強い可能性のあると判断した患者(複数回、長期間の使用者)に対しては、医師が警察や行政機関に通報すべきではなかろうか。 
 
 医師が危険ドラッグ患者を警察や行政機関に通報する主な目的は、危険ドラッグに関する捜査に役立てることよりもさることながら、都道府県の薬務課職員(麻薬取締員)が患者と面会して調査を行うことで、治療や保護措置なといった患者の今後の適切な方向性に役立てることができることが大きい。また、自傷や他害の恐れの強い疑いのある患者に対しては、さらなる障害や災害を防ぐことにもなろう。患者と社会にとってより良い環境を作り出すことになる。 

 警察が介在することにより、危険ドラッグや患者の尿、血液から、その成分を科学捜査研究所(科捜研)でさらに詳しく分析することができるようにもなる。鑑定結果を集積し、患者の臨床症状とも照合して、危険ドラッグに対する今後の臨床的、社会的な対応に役立てることが可能であろう。

 しかし残念ながら、科捜研での分析結果は、捜査上の極秘事項として担当医には伝達されるケースはほとんどない。科捜研と医療機関の患者を中心とした総合的な協力で、より良い危険ドラッグへの対策が打ち出されることを期待する。 


連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子