あなたの頭の"キレ"を取り戻す! 木登りや平均台で"ワーキングメモリ"がアップ!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なぜ「木登り」が、それほどワーキングメモリを向上させるのか。これは動的な「固有受容的運動」(関節の位置や関節の動き、変化を感じる運動)が鍵となる。

 つまり、自分が木の枝や角材の上を移動すると、状況や地形が次々と移り変わっていく。それに対応するためには、身体の位置や姿勢、運動を素早くイメージしてコントロールしなければならない。

 研究者は、「次が予期しにくい状況への対応と、それに要求される身体のコントロールが、ワーキングメモリを増強させるのだろう」と述べている。自分が動きながら、周囲の状況の変化に対応していくことがポイントだ。木登り以外にも平均台や、山道を走る「トレイルランニング」でも同じような効果が得られるという。

 ヨガも、固有受容な運動であるという意味では木登りグループと同じだが、木登りが「動的」であるのに対してより「静的」な運動になる。

 20~30代をピークとして、年齢とともに衰えていくといわれるワーキングメモリ。だが、こうした身近な運動で鍛え直すことができるなら試してみない手はない。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子