インタビュー 超高齢社会の“人生ラスト10年問題“に向きあう 第1回 (社)チーム医療フォーラム代表理事 秋山和宏医師

「少しでも長く生きたい」だけの価値観はすでに過去のもの!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋山医師は、この「人生ラスト10年問題」に正面から取り組み、少しでも人々の健康寿命が延びるよう活動している。具体的には、医学と栄養学に基づいた「メディカル・ウォーキング」の研究と普及活動。そして従来の、医師と看護師中心の医療でなく、栄養やリハビリなどの専門家も交えてチームを組む「チーム医療」を広げる草の根運動だ。
 
 こういった活動を通じて見えてくるのは、100年間続いてきた、「生活の質がどうであれ、できるだけ延命を」という命の価値観が行き詰っているという実感である。それは、秋山医師によれば、まさに、原始の祖先がマンモス狩でひたすらマンモスをたくさん獲ることだけを進歩ととらえていたために行き詰まってしまったのと同じ状況だといえる。
 
 医療の進歩は、どちらの方向を向いたらいいのか? 私たちは命をどうとらえなおしたらいいのか? 2回目は、秋山医師に、10年問題解決の具体策「メディカル・ウォーキング」の話を聞きながら、その方向をさぐってみたい。

インタビュー2回目はこちら

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子