特集「ネットと自殺予防」第4回

Googleで「死にたい」と検索すると? 注目されるネットによる自殺予防の取り組み

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もともと、問題になったインターネットの自殺掲示板でも、すべての参加者が自殺願望を書き込んだり自殺に誘導する書き込みをしていたわけではない。自殺願望のある人の相談に乗ったり、自殺を止めようとする人もいたという。

 2006年に施行された「自殺対策基本法」には、次のような条項がある。

...................................
 自殺対策は、自殺が個人的な問題としてのみとらえられるべきものではなく、その背景に様々な社会的な要因があることを踏まえ、社会的な取組として実施されなければならない。
...................................

 ネットはあくまでひとつのツールであり、悪い方向に使うこともできれば、人を救う手段として使うこともできる。自殺は現在の社会全体が作り出した問題であり、その対策には、人と人との直接の触れ合いのほかに、ネットという現代社会のツールの活用もいままで以上になされていかなければならない。それは、この時代を生きる我々が等しく負っている責任と言ってもいいのだろう。
(文=里中高志)

里中高志(さとなか・たかし)
1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉士。フリージャーナリスト・精神保健福祉ジャーナリストとして、『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子