6月14日、肺がん患者会「ワンステップ」が、がん免疫療法のセミナーライブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1068848_s (1).jpg

ホワイトリボンは肺がん啓蒙運動のシンボル

 がんの中でも死亡数が最も多いのが肺がんだ、毎年7万人以上が命を落としている。つい最近は広田レオナさんが自らのブログで、肺がん手術後の激痛に絶望感と綴り注目された。しかし、そうしたマイナスイメージは拡散しやすいのだが、この10年ほどを見ると肺がんの治療法は大きく変わってきた。そんな肺がん治療の最新動向を知ってほしいと肺がん患者会「ワンステップ」が初の試みとして、がん免疫療法に関するセミナーライブを行うことになった。

●ライブ配信予定 6月14日(月)午後8時から 
●URLはこちら https://youtu.be/0kOrkrVlJgA

 肺がんの治療に関してこの10年を肺がん患者として、そして患者会の代表として見守ってきたのが「ワンステップ」代表の長谷川一男さんだ。

「2010年2月25日、39歳の時に肺がんと診断され、そのステージはもっとも進行した4でした。直前に最初は風邪程度の体の不調でしたが、そのうち尋常ではないほどの咳が出始め、救急病院に駆け込み、そこで、肺がんと宣告されました。当時の生存期間中央値は12か月でした」と振り返る。

患者が積み上げてきた経験や知識が消えていく

 そこから長谷川さんのがんと向き合う生活が始まった。
「まずは肺がんというものを知らなければならない。治療法に関する本を購入し、診断から治療方法までが網羅されていました。そのことで肺がんの概要はつかめました。しかし、治療の細かいところや日常生活や最新の治療法や研究となると、なかなか情報は得られませんでした。

 患者が積み上げてきた経験や知識はとても重要だと思うのですが、なかなか継続していかない、次に伝えられて行かないなという感覚がありました。インターネットの掲示板などでちょっとした経験をシェアして励ましあって力になれる場というのはいくつかありましたが、ホームページは運営している方が亡くなると消えてしまいます。そこにあった大きなものが一瞬にして消え去る。そういう経験を何度もし、それなら自分で患者の経験や知識などがずっと継続して伝えられていく場のようなものを作ろうと思い立ちました」(長谷川さん)

 肺がんの患者会「ワンステップ」を立ち上げたのが2015年。以来、患者・家族への知識や情報の提供を目的としたサイトやブログの運営、市民公開講座、肺がんBOOKの制作、患者・家族の交流のためのおしゃべり会の運営など精力的に活動している。昨年は関西文化芸術高等学校の高校生と協同で制作したマンガ動画「#私とがん」を、ワンステップのYouTube(https://youtu.be/kaOw-kRICeE )で公開し話題となった。

新しいがん治療の可能性、免疫療法を知るきっかけに

 長谷川さんは今回初となるライブ配信に関して、次のように語る。
「肺がんは治療法の進歩が著しく、特にこの10年の変化は目覚ましく長期生存者も増えているという状況です。患者同士が集まって交流するおしゃべり会でも、5年前までは悲観して泣き出す人が必ずいましたが、最近ではどこかにぎやかな印象を持ちます。確実に治療方法が進化して生存の可能性が高くなってきていると感じています。

 その大きな可能性が免疫療法です。しかし、免疫療法の現状がどうなっているかということは意外に知られていません。私は患者会を立ち上げる前はネットなどでありとあらゆる情報を集めていました。怪しげな代替療法まで肺がんと名前がついていればとにかく何でも良かったのです。ですから、免疫療法といっても怪しげなものもあります。
ちょうどがんの免疫療法確立のためにクラウドファンディングを活用して医師主導型治験を実施しているがん免疫療法の専門の先生をお招きすることができました。その応援の意味も含めて、がんに対する免疫療法の現状を正確に知っていただきたくて今回のセミナーのライブ配信を考えました」

 長谷川さんは、肺がんと告知されてからすでに10年。抗がん剤は8個使用。放射線治療・手術も経験した。現在標準治療とされる3大治療、化学療法、手術、放射線治療のすべてをやったことになる。手術では右肺を全摘出。日常生活での負担も当然あるし、残念ながら手術の合併症も起こし今も体調に影響はあるという。ただ、今も経過観察の期間が続いている状態だが、「できることはまだまだあるし、日々進歩する治療方法を知っていくことで多くの可能性が生まれると信じている」という。

 がんの治療法は日々進化している。第4の治療法といわれる免疫療法について、知っておく絶好のライブセミナーになりそうだ。(文=編集部)

●ライブ配信予定 6月14日午後8時から 
●URLはこちら https://youtu.be/0kOrkrVlJgA

●NPO法人肺がん患者の会ワンステップ
https://www.lung-onestep.com/
代表長谷川 一男

●対談 『肺がん患者を救うために何ができるか』

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子