黒柳徹子さんが骨折から1カ月で舞台復帰!驚異的な健康と美の秘訣は「スクワット」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若返りホルモンは<毎日の軽い運動>で分泌

 このマイオカイン、血糖値を下げ、肝臓の脂肪の分解を促し、認知症を防ぐ新しいホルモンと言われているが、実は肌の若返りにも深く関係している。

 米マクマスター大学の実験によると、運動をしたあとマイオカインの血中濃度が明らかに上昇していたという。そして、運動している人の多くは、みずみずしい肌を保ち、65歳以上の人でも20~30歳の人に近い肌だった。

 さらに、運動をしなかった65歳以上の人に、あらためて運動をしてもらったところ、この人たちの肌も明らかに若返ったのだ。

 久留米大学医学部整形外科学教室の志波直人教授は、電気刺激をうまく使って宇宙飛行士の筋肉の衰えを防ぐ方法を考案した。重力の無い環境にいると、人間の筋力はすぐ衰えてしまうからだ。

 この志波教授が、マイオカインの効果的な分泌法を考え出した。それは、毎食後、ゆっくりスクワットを10回行ったあとで、15分ほどのウォーキングを行うということ。マイオカインは1回の運動で出せる量に限度があるので、きつい運動をまとめて行うよりも、短い時間でも毎日やるほうがいいという。

道具も何もいらない+いつでもどこでもできる

 スクワットのやり方は、とても簡単だ。道具も何もいらない。いつでもどこでもできる。

①足を肩幅に開いて立つ。
②両手を前に振り出し、手を出すときにひざを曲げる。
③次にひざを伸ばし、元の姿勢に戻る。

 注意したいのは、ゆっくり行うほうが運動効果は高いこと。また、ひざがつま先より前に出ないように、90度以上曲げないように注意すること。つまり、太ももが床と平行になるようにし、お尻を突き出すようにするといいだろう。

 一度、スクワットを実行してみてもらいたい。心地よい疲労が太ももに感じるはずだ。若返るためにも、今の若さを維持するためにも。これでやせて、血糖値が下がり、美肌になるなら、実践しない手はない。スクワットを実行して、黒柳さんの健康法を上手にまねしよう。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

クラウドファンディング - READYFOR (レディーフォー) 「命を救う新たな選択肢を!肺がんに対する免疫療法の治験を利用した研究」7月9日(金)まで23時まで支援募集中
nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子