「先進医療」の記事一覧

「出生前診断」は怖くない~妊婦さんとその家族のために正しい知識を~

2013年4月、妊婦さんの血液を検査して胎児の染色体異常を調べる「新型出生前診断」の臨床研究が一部の大学病院などで始まった。しかし検査を受けられる年齢が出産予定日に35歳以上であること、あるいは費用が20万円ほどもかかることなどもあって、まだまだ限られた妊婦さんしか受けられ…続きを読む

「出生前診断」は怖くない~妊婦さんとその家族のために正しい知識を~

知ってますか? 高速粒子線・ガンマ線・エックス線...活躍するさまざまな放射線

放射線治療にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線、エックス線、中性子線、重粒子線が用いられる。このうちアルファ線、ベータ線、中性子線、重粒子線は高速粒子線に、ガンマ線、エックス線は電磁波(高エネルギー)に大きく分類される。 「ホウ素中性子補足療法」は、中性子と増感効果のあるホウ…続きを読む

知ってますか? 高速粒子線・ガンマ線・エックス線...活躍するさまざまな放射線

エボラ治療の希望となるか? 病原菌を磁石で除去する「バイオ脾臓」が開発

西アフリカ諸国で未だ猛威を振るうエボラ出血熱----。全世界で感染者は11113人、死者は5177人にのぼる(11月9日)。 在庫は限られているもののカナダの製薬会社が治験薬の投入を決め、WHOが来年始めに実験中のワクチンの小規模な投与を始めるという報道も出てはいるが、…続きを読む

エボラ治療の希望となるか? 病原菌を磁石で除去する「バイオ脾臓」が開発
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子