世界最悪レベルの「日本の若者の自殺率」をめぐって本田圭佑のツイッターが炎上!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本田はオフィシャルサイトで釈明したが……

 なかでも、ミュージシャンの米津玄師は「言ってることがよくわからない」とツイート。すると、このツイートは2万9000以上の「いいね」を集めた。

 その後のツイートで米津は、かつて親しい者が自殺したことも明かして次のように説明した。

 <人生や親に感謝するのはいいと思うんだけど、少なくとも元の記事には他人や政治のせいにして自殺した人の様子なんてひとつも出てこないし、そこからの「成功に囚われるな、成長に囚われろ」という言葉もどこから出てきたのかよくわからないっていうのが正直な感想です。>

 <「自殺する人間像」を自分の中で固定して、それを自明なことのように話すのはとても危険な振る舞いだなあと思いました。もちろんあれが彼なりの激励であり優しさであるのはわかってるつもりです。ただ自殺で知人を失った経験がいくつかあり、思うところがあったので、一応突っ込んどこうと思った次第です>

 この論争に対して本田圭佑は、オフィシャルサイトで「ツイッターでは本意が伝わらなかった」とコメントを掲載。

 「メッセージとして伝えたかったのは『死なないでほしい』、『生きていればいつか良いことがある』、『良しとする基準は自分が作ればいい』、『出来ることを見つけて少しずつ進んでほしい』ということ」ということを伝えながら、「生きる為に必死なこの世の中に究極の平等なんていうのは存在し得ない」ということも付け加え、「自分に出来ることを続け、自分の成長を実感し、自らを褒めてあげる。自分で基準や成功を決めればいいんです。自分自身こそがどんな状況をもプラスに変えられる唯一の味方なんだと信じて、一歩を踏み出してもらいたいと願っています。」と締めくくっている。

にじみ出る「強者の論理」「成功者の論理」

 命の尊さを訴えるのは至極当然のことだが、絶望のふちにいる者に「他人のせいにするな!」というメッセージは、果たしてどこまで届くのだろう。

 「成長を実感」「両親に感謝」「出来ることを見つける」という思考さえできなくなっているからこそ死を選ぶのだ。強者、成功者の論理だと揶揄されても仕方がない。

 ならば、死を選ぼうとする人に対して、どのような言葉をかければよかったのか――即答できる人も少ないだろう。

 今回の論争から何らかの意味を見出すならば、自殺を考えている者のつらさを理解することから始めよう――ということかもしれない。

 なかには本田の言葉に励まされる人もいるかもしれないが、死を選ぶ側に立たなければ解決策を見出すことは難しい。

 そして、高い自殺率から導き出される現状は、個人的な事情にとどめてはならない社会全体の問題だ。我々は、「他人のせい」であり「政治のせい」であるということを真摯に受け止めるべきである。
(文=里中高志)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子