ジムへ行くなら夜がいい! 仕事後の疲労回復に有効で睡眠の質もよくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジムへ行くなら夜がいい! 仕事後の疲労回復に有効で睡眠の質もよくなるの画像1

ジムではいつ運動すべきか?

 進学・就職・人事異動などに伴う引っ越しが一段落する4月、新年度を機に“ジム通い”を決断する人は多い。フィットネスクラブも退会と入会が錯綜するこの時期に合わせてキャンペーンを行う。

 しかし、入会はするものの継続できずに脱落する人もまた、多い。特に多忙なビジネスパーソンは、運動習慣の重要性を理解しつつも後回しになりがちだ。そこで継続する利点のひとつに挙げたいのが、「フィットネスは仕事後の疲労回復に有効」ということだ。

デスクワークでの脳疲労にこそ運動が回復に効く?

 仕事後のフィットネスについて、フィットネスアドバイザーで株式会社ドリームゲート代表の村上勇氏に話を聞いた。

村上 特にデスクワークがメインの方は、仕事後にジムを活用してほしい。なぜなら、脳疲労に比べて身体疲労が少なくからです。体を適度に動かすことで、脳が休息しやすい状態をも作り出します。身体が適度に疲れると睡眠の質も向上し、結果、脳疲労も回復しやすくなります。

 一日中ディスプレイを前に仕事をしていれば、背中が丸まり胸も閉じて、目線が落ちた状態が続きやすい。脳の疲労も溜まった仕事後に、軽く汗を流せばリカバリーできるのだ。翌日の職場でのパフォーマンスアップに繋がるに違いない。

村上 忙しい合間にフィットネスクラブに通う意志が継続する大きなモチベーションは、”カラダが変わっていく”ことの実感に尽きると思います。ぜひ、習慣化してほしいです。

寝る前の運動で眠れなくなるは本当か?

 そこで、ひとつ気になるのは、「寝る前の運動(による興奮)は眠れなくなる」というよく聞く通説だ。そんな理由で夜のフィットネスを躊躇していた人も少なくないだろう。

 だが、最近、それを覆す新知見が、「Experimental Physiology」(2月23日オンライン版)で発表された。豪チャールズ・スタート大学のPenelope Larsen氏らの研究報告によれば、夜の時間帯に30分間前後の高強度運動を行なっても問題なし。いわゆる「睡眠に悪影響を及ぼす」との通説は実験で覆され、さらに「空腹感が軽減する可能性」も示唆された。

 研究では、総じて普段は座りがちな生活を送る中年男性11人を対象に実施された。具体的には、30分間の自転車による高強度インターバルトレーニング(=1分間漕いでは4分間休憩×6サイクル)を繰り返してもらい、その後の「睡眠」や「空腹感」、「食欲」を調整するホルモンへの影響を調べた。

 11人が運動する時間帯は、①朝組(6~7時)/②午後組(14~16時)/③夜組(19~21時)の3つに分かれて実施された。その後の睡眠時間の長短に及ぼす比較検証では、②が最も長く、次いで③が続き、意外にも早朝から挑んだ①の効果が一番短いものとなった。

 となれば「夜の悪影響」よりも「朝の悪影響」が真相とも取れそうだが、実際の格差はほんのわずかで、時間帯別(運動後)による入眠までの時間差も1~2分程度に過ぎなかった。しかし、結果的に「夜の運動の悪影響」は覆された。

村上勇(むらかみ・いさむ)

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。

村上勇の記事一覧

村上勇
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆