隠れた移民問題 なぜ発展途上国から米国に移住すると、病気を発症しやすくなる?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_1552380470.jpg

腸内フローラが移民で激変!?

 なぜヒトは肥満、メタボリックシンドローム、アレルギー、喘息、糖尿病、がんなどになるのか。

 もちろん、食生活や運動不足、それ以外にもさまざまな要因が複雑に絡み合っているが、このところ注目されているのがマイクロバイオーム(腸内細菌叢)だ。最近は「腸内フローラ」と呼ばれることも多い。

 21世紀に入り、数々の疫学研究が明らかにした知見は「食習慣がマイクロバイオームを一変させる」という明白なエビデンスだ。

 マイクロバイオームは民族や人種でも固有のバランスがあり、そのバランスとさまざまな疾患との関係も研究も進んでいる。

発展途上国から米国に移住して肥満リスクが高まる

 たとえば、「発展途上国の住民は、米国の住民よりもマイクロバイオームの多様性が高いため、腸管内に有益な微生物が多く存在する。だが、マイクロバイオームの西欧化で肥満リスクが高まる可能性がある」と警告する研究がある(細胞生物学専門誌「Cell」2018; 175: 962-972.e10)。

 発表によれば、米ミネソタ大学のダン・ナイツ教授らの研究チームは、タイに居住しているモン族(女性)、カレン族、米国に移住した両民族およびその子供の計514例(18~78歳)と、米国で生まれた欧州系米国人36例を対象に便サンプル、食事や身体測定データを集め、「移民によるマイクロバイオームと肥満」の関連を解析した。

 便サンプルでは、リボソームの塩基配列を調べる「16S rRNA遺伝子解析」と微生物の多様性を調べる「ショットガンメタゲノム解析」を組み合わせてDNAシークエンシング(塩基配列の決定)を行い、マイクロバイオームの変化を観察した。

 その結果、移住直後の6~9カ月間のモン族とカレン族のマイクロバイオームは、食物繊維の分解作用が強いプレボテラ属の細菌が優位だった。

 一方、移住後10年間のマイクロバイオームは、バクテロイデス属の細菌が優位を保ち、食物繊維を分解する酵素も減少した。米国に長く居住すればするほどマイクロバイオームの多様性も減少したのだ。

 プレボテラ属は食物繊維を多く摂取する東南アジア人の腸に生息し、バクテロイデス属は肉類を多く摂取する欧米人の腸に生息する。

 つまり、発展途上国の住民は米国の住民よりもマイクロバイオームの多様性が高いが、移住すると食事の西欧化によって食物繊維の摂取が少なくなり肥満リスクが高まる可能性があるのだ。

 ナイツ教授によると、「移民は食事の西欧化によってマイクロバイオームや酵素も一変させるので、食習慣の変化が健康に悪影響を及ぼす可能性があり、この研究成果は肥満治療の重要な知見になる」と説明している。
 
より良い生活を夢見て米国移住したものの、腸内フローラの多様性を失い、肥満やそのほかの生活習慣病のリスクが高まるとは、なんと皮肉なことだろうか。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇