歯周病の原因は食習慣にある!最新の知見に基づいた最も効果的な治療法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯周病の原因は食習慣にある!最新の知見に基づいた最も効果的な治療法とは?の画像1

歯周病の原因は食事だった!

 今現在、日本において成人の8割が歯周病にかかっているといわれている。一体どのようにして歯周病は起こるのだろうか?

 日本では、歯周病はおもに細菌感染症であるとされ、その対策も歯周病菌の原因となる歯垢をブラッシング等で取り除くか、それでも治らなければ抗生剤療法が行われている。しかし、これはアメリカで新たに主流となりつつある見解とは相容れないものだという。

米国の最新医学が導き出した歯周病の驚くべき原因

「現に2012年のアメリカの歯周病学会において、歯周病は細菌感染症であるとの認識は覆されたと、当時の会長がコメントしています」
 
 そう語るのは、近著に『自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組』(ユサブル刊)がある、小峰歯科医院の小峰一雄院長だ。

「アメリカの歯周病学会が真の原因として挙げたのは、今までの健康的な食生活の常識を覆すようなもので、実はそれは私が長年の臨床経験を通して感じていたことを裏付けるものだったのです」
 
 小峰院長に、その“真の歯周病の原因”について聞いた。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆