大竹まことさんが苦しむ腰痛、<腰椎分離症>で手術へ 復帰は来週か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大竹まことさんが苦しむ腰痛、<腰椎分離症>で手術へ 復帰は来週か?の画像1

画像はyoutube 「大竹まこと ゴールデンラジオ! 2018年08月06日」より

 腰痛(腰椎分離症)のため都内の病院に入院中のタレントの大竹まことさん(69)が、今週中に手術を受けることが8月6日、分かった。大竹さんがラジオ番組のパーソナリティーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜午後1時)で、コンビを務める太田英明アナウンサー、月曜パートナーの漫画家倉田真由美氏が生放送で伝えた。

 太田アナは、今週に手術を受けることが決まり、いい状況。手術の経過次第で復帰の時期が決まる」と話している。

腰が痛い!禁煙、糖質制限を伴う食事療法も

 大竹さんは、6月中旬から腰痛を訴え、3度のブロック注射を打ちながら、放送中はスタジオに布団を敷き、マイクを床に置いてトークを続けてきた。だが、7月19日に都内の病院に緊急入院。

 医師から禁煙、糖質制限を伴う食事療法をアドバイスされ、7月20日の放送から番組を休養。6日からの復帰を検討していたが、手術に踏み切った。番組復帰は早ければ来週13日の予定だ。

 大竹さんを悩ませている腰椎分離症とはどんな病気なのか?

 腰椎分離症は、腰に繰り返しかかる外力による疲労骨折によって、腰椎の関節突起間部で本来つながっているべき骨の連続性が絶たれている(分離している)疾患。スポーツをする機会が多い青少年期に好発しやすい。分離すべり症ともいう。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇