シリーズ「美味しいローカーボ生活のススメ」第2回

サバ缶で痩せる!? 話題のサバ煮缶を使った簡単なローカーボ・レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サバ缶で痩せる!? 話題のサバ煮缶を使った簡単なローカーボ・レシピの画像1

テレビで「サバ缶で痩せる」が取り上げられ人気に(depositphotos.com)

 テレビ番組で「サバ缶で痩せる」という話題が取り上げられ、現在、サバ缶の売り上げは前年に比べて3〜5割増になっているそうです。

 サバ缶は低糖質で、しかも栄養満点な商品。まさにダイエットにオススメの優等生。値ごろ感もあって、コンビニやスーパーでも手軽に購入できるので、「ローカーボ(糖質制限)」生活に取り入れない手はありません。

サバ缶でなぜ痩せる?

 サバ缶の魅力のひとつは、その安さ。ローカーボ(糖質制限)では、タンパク質や脂質を中心としたメニューとなるので、上手な食材選びも長く続けるためのコツといえます。

 サバ缶なら1缶100円前後。「ローカーボ・メニューは食費がかかる」という課題もクリアしてくれる優秀な商品です。長期的には漁獲量は減っていますが、サケやサンマに比べて安定していて、手頃な価格が魅力です。

 そして、サバは「青魚の王様」と呼ばれているくらい栄養価の高い魚です。ヒトの体内ではほとんど作れない、必須脂肪酸の「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」を豊富に含みます。

 DHAやEPAは、脳の神経伝達を再生し、記憶力・注意力・判断力を維持する働きがあるといわれています。EPAには、「GLP-1」という別名「痩せホルモン」を出す働きや食欲の増加を抑える働きがあるため、ダイエットフードとしてもオススメなのです。

 「ローカーボ」「低糖質」と観点からも、サバ缶はほとんど糖質はありません。コンビニでも購入できる手軽さから、サラダチキンの次にサバ缶ブームが到来するかもしれません。

 できれば、より低糖質なサバ缶を選ぶなら、味噌煮よりも水煮缶を使ったほうがいいですね。そんな優れた食材を用いて、手軽にできる簡単レシピ、忙しい日のお弁当にレシピをご紹介します。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇