糖尿病・喫煙で「脳が石灰化」!? 海馬の石灰化と認知機能の不思議な関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
糖尿病・喫煙で「脳が石灰化」!? 海馬のもたらす認知機能の不思議の画像1

海馬の石灰化に「糖尿病」や「喫煙」などが関連

 喫煙習慣がある人や糖尿病患者は、記憶の形成や学習に重要な役割を担う脳の「海馬が石灰化」するリスクが高まる――ユトレヒト大学医療センター(オランダ)の研究チームの検討で分かった。

 その一方で、「海馬の石灰化」の有無やその程度は、認知機能とは関連しない可能性も示された。研究の詳細は、『Radiology』(2018年6月12日オンライン版)に掲載されている。

 この研究は、2009~2015年にオランダの一般病院の「メモリークリニック(物忘れ外来)」を受診した1991人(45~96歳:平均年齢は78歳)を追跡したもの。
 
 頭部CT検査で脳の海馬の石灰化を評価し、認知機能検査や心血管リスク因子(高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙習慣)の評価を行い、海馬の石灰化に関連する因子と石灰化が認知機能と関連するかどうかを検討した。

 解析の結果、対象患者の19.1%(380人)で海馬の石灰化が認められた。また、海馬の石灰化には「糖尿病」「喫煙習慣」「加齢」の3つの因子が有意に関連することが分かった(1年ごとのオッズ比は、それぞれ1.50、1.49、1.05)。

 一方で、この石灰化の有無や程度と認知機能との間には関連はみられなかったという。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆