薄毛と白髪は心臓病の予兆!「斎藤さんだぞ!」タイプはリスク上昇しない?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「男性型脱毛症(AGA)は5.6倍」「若白髪は5.3倍」も冠動脈疾患のリスクが高くなる!の画像1

男性型脱毛症(AGA)や若白髪は冠動脈疾患のリスクに(depositphotos.com)

 常日頃、頭髪問題で悩む方々からすれば、さらに毛が抜けたり、白いものが増えたりしそうな酷な最新知見が、インド心臓病学会(CSI2017:2017年11月30日~12月3日)で発表された。

 「男性型脱毛症(AGA)や若白髪については、冠動脈疾患のリスク因子として考慮すべきである」

 学会注目の研究成果を発表したのは、インドのU.N.メータ研究所心臓研究センター(UNMICRC)のKamal Sharma氏だ。

若白髪の心疾患リスクも5倍強

 Sharma氏の研究対象に選ばれたのは、「冠動脈疾患を抱える40歳未満のインド人男性」が790人と、「年齢幅を同じくする健康的なインド人男性」が1270人。

 被験者全員に対して血液検査をはじめ心電図や心臓超音波検査、要の冠動脈造影などの検査が実施され、各自の病歴を一様に聴取した。もちろん、頭髪事情に関しては「男性型脱毛症(AGA)」および「白髪」の個人差(程度)の評価を行なった。

 結果は「病を抱える層」と「健康な同世代層」との比較において明確に示された。まず、冠動脈疾患患者は健康層に比べ、男性型脱毛症の割合が「49%対27%」と高かった。

 また、冠動脈疾患患者は健康層に比べて、若白髪がある割合も「50%対30%」と高い点が認められた。

 さらに、年齢に応じた他の心血管リスク因子で調整を施した後の冠動脈疾患リスクに関しては、「男性型脱毛症がある場合は5.6倍」、「若白髪がある場合は5.3倍」と、いずれも高い数値が弾き出された。

 男性の白髪増加と心疾患リスクの関連については、カイロ大学(エジプト)の心臓専門医による先行研究もあり、アテローム性動脈硬化症(一般的な動脈硬化)が「白髪の発生」と似たような原因(ホルモン変化/細胞の老化/DNA修復機能の低下/炎症/酸化ストレスなど)を持つことが示唆されている。

 40歳未満のインド人男性を対象に実施された今回の研究でも、冠動脈疾患の最も強い予測因子が「男性型脱毛症」と「若白髪」のいずれかだった。それらに続く強い予測因子が、4.1倍の「肥満」だった。

 冠動脈疾患の予測因子としては他にも、糖尿病や高血圧、高いBMIや腹部の肥満、冠動脈疾患の家族歴や脂質異常症、喫煙もあったが、いずれも最強の脱毛症&若白髪に比べると関連は微弱だった。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆