アレルギー予防のためにはいつから離乳食を始めるのがいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アレルギー予防のために、いつから離乳食を始めたほうがいいのか?の画像1

離乳食はいつから始めればいいのか?(depositphotos.com)

 私は今年3月に出産し、子育て真っ最中の医師です。子育て方法に関しては様々な情報があふれていますが、医師である私にとっても、科学的根拠がある情報を探すのは容易ではありません。一番効果的な方法を知りたいという思いから、子どもが寝付いた後に、本や論文を調べてわかったことをご紹介します。

 赤ちゃんの離乳食を始める時、心配になるのはアレルギーです。以前は、アレルギー源になりやすい食品を早い時期から食べると、アレルギーを発症しやすくなると考えられていました。育児書やネットでは、卵や動物性タンパク質はなるべく遅く始めたほうがいいと書いてあるものもたくさんあります。その影響か、昭和60年には47%もの人が5カ月未満に離乳食を開始していましたが、平成17年には15.5%まで減っています。

 しかし、ここ数年の研究で流れが大きく変わりました。「離乳食を遅らせたほうが良い」という考え方はほぼ覆されつつあるのです。

ピーナッツ、卵アレルギーが起きないように

 キングス・カレッジ・ロンドンのデュトワ博士らは、ピーナッツアレルギーに関しての研究結果を2015年の医学雑誌「The New England Journal of Medicine」に発表しました。博士らは、アトピーや卵アレルギーのある生後4カ月から11カ月までの赤ちゃんを、ピーナッツを摂取するグループと、ピーナッツを避けるグループの2つに分けて、5歳になったときのピーナッツアレルギーの割合を比較しました。その結果、ピーナッツを摂取したグループの方が、80%以上もピーナッツアレルギーを減らすことができたのです。

 さらに2016年末、日本の成育医療センターの夏目統医師(現・浜松医科大学小児科助教)らが、卵アレルギーについての研究結果をランセット誌に発表しました。アトピーのある赤ちゃんを2グループに分け、一方のグループには生後6カ月から毎日卵パウダー(ゆで卵0.2g相当)を与え、もう一方のグループには与えませんでした。1歳になったときの卵アレルギーの割合を調べると、卵を摂取したグループの方が80%近くも少ないことがわかりました。

 ただし、早ければ早いほど良いかはまだわかっていません。

 2016年、セントジョージ医学校のパーキン博士らのグループが「The New England Journal of Medicine」に報告した研究があります。ピーナッツ・卵・牛乳・ごま・白身魚・小麦の6つの食品を、生後3カ月から開始するグループと、生後6カ月以降に開始するグループを比較し、1歳から3歳までの間のアレルギーの発症率を調べました。この研究では、卵とピーナッツを早くから開始した方がアレルギーが少ない傾向は示されたものの、完全には証明されませんでした。

 現時点では、「アレルギーが心配される食品を食べるのを遅らせない」のが良いと言われていますが、具体的にいつから何を食べさせれば良いのでしょうか。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔