「臍帯血」違法投与で逮捕者が続出! がん治療、美容の名目で1回300万円以上も……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「臍帯血」が違法投与で逮捕! がん治療、美容の名目で1回300万円以上もの画像1

そもそも臍帯血の「私的保存」は有効なのか?(depositphotos.com)

 8月27日、母子をつなぐ臍の緒や胎盤に含まれる「臍帯血(さいたいけつ)」を国に無届けで患者に投与していたとして、東京のクリニックの院長や販売元ら6名が「再生医療安全確保法違反」の疑いで警察に一斉逮捕された。

 逮捕者が出たのは、この法律が施行された2014年以来初めてのことだ。

 警察の調べによると、効果や安全性が立証されていない「がん治療」や「美容」の名目で、患者らは1回300万〜400万円もの大金を支払っており、それを会社社長やブローカー、クリニックが山分けしていた。

 経営者が逮捕された京都のクリニックでは、100人へ投与し、売上は3億6000万円にものぼったという。

再生医療への期待が高い臍帯血

  

 臍帯血の提供を受けた患者は、アンチエイジングなどの目的で来日した中国人が約3割を占める。中には、がんを患う未就学児もいたという。まさに「金のなる木」となっていた臍帯血ビジネスの闇。今回の件は、氷山の一角にすぎないと見る関係者も多い。

 胎盤と臍の緒の中に含まれる血液である臍帯血は、およそ40〜100mlの量があり、赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる「造血幹細胞」が、骨髄と同じくらい豊富に含まれている。

 この臍帯血を利用すれば、「白血病」や「再生不良性貧血」などの難治性血液疾患に対して、「骨髄移植」と同様の治療を行うことができるため、1990年代から世界で広く用いられてきた。

 また臍帯血は、中枢神経・自己免疫・虚血性障害などの修復に役立つ可能性のある細胞など、多種多様に分化できる能力を持つ「幹細胞」を含んでいる。このことから、臍帯血への医学的な関心は近年急増し、「再生医療」や「細胞治療」への将来的な応用が期待されている。

 現在、日本には、臍帯血を医療で利用する方法がふたつある――。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔