子どもの「水イボ(伝染性軟属腫)」治療は、プールの季節が始まる前に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でできる治療は内服・塗り薬

 皮膚科を受診した際、外科的な治療だけでなく内服薬を処方されることがある。

 「ヨクイニン」はハトムギからを抽出された成分で免疫反応を活性化することで知られている。漢方薬として毎日服用することで、痛みもなく水イボを消失させることができる。薬でなくとも「ハトムギ茶」を毎日飲むことで同様の効果が得られる。皮を取り除いた「食べるハトムギ」も市販されている。

 しかしヨクイニンは、毎日、服用しなければならず、完治に数カ月かかる。また、麦アレルギーをもつ子どもには適さない。肌荒れにも効果がある漢方薬でサプリや市販薬も揃っているが、無論子どもへ与える場合は注意が必要だ。

 自宅で手軽にできる治療法としては「イソジン」が有効だ。イソジンといっても、うがい薬ではなく、傷薬のほうになる。イソジンの傷薬は医師も使う薬剤で、有効成分のポピドンヨードはウイルスにも効果のある消毒作用がある。イソジンには液状タイプと軟膏タイプがあり、これを毎日イボに塗る。完治まではかなり長い期間がかかるが、手軽にできる治療法だろう。

 ただし、ヨクイニンと同様、ヨウ素アレルギーのある子どもには使えない。また、一度に大量に使うと皮膚炎を起こすこともあるので、イボの数が多い場合は病院での受診をするべきだ。

 幼児期に発症しがちな水イボ。時期的な余裕があるなら、さほど慌てることもない病気だが、いざ治そうとすると、時間のかかるやっかいな面もある。

 日ごろ子どもの肌の様子をよく見て、怪しいなと思ったら早めの対応をすべきだろう。夏の暑い日、プールではしゃぐ友達と一緒に遊べずに悲しい顔をするわが子の姿を見たくなければ……。
(文=編集部)

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志