子どもの「水イボ(伝染性軟属腫)」治療は、プールの季節が始まる前に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でできる治療は内服・塗り薬

 皮膚科を受診した際、外科的な治療だけでなく内服薬を処方されることがある。

 「ヨクイニン」はハトムギからを抽出された成分で免疫反応を活性化することで知られている。漢方薬として毎日服用することで、痛みもなく水イボを消失させることができる。薬でなくとも「ハトムギ茶」を毎日飲むことで同様の効果が得られる。皮を取り除いた「食べるハトムギ」も市販されている。

 しかしヨクイニンは、毎日、服用しなければならず、完治に数カ月かかる。また、麦アレルギーをもつ子どもには適さない。肌荒れにも効果がある漢方薬でサプリや市販薬も揃っているが、無論子どもへ与える場合は注意が必要だ。

 自宅で手軽にできる治療法としては「イソジン」が有効だ。イソジンといっても、うがい薬ではなく、傷薬のほうになる。イソジンの傷薬は医師も使う薬剤で、有効成分のポピドンヨードはウイルスにも効果のある消毒作用がある。イソジンには液状タイプと軟膏タイプがあり、これを毎日イボに塗る。完治まではかなり長い期間がかかるが、手軽にできる治療法だろう。

 ただし、ヨクイニンと同様、ヨウ素アレルギーのある子どもには使えない。また、一度に大量に使うと皮膚炎を起こすこともあるので、イボの数が多い場合は病院での受診をするべきだ。

 幼児期に発症しがちな水イボ。時期的な余裕があるなら、さほど慌てることもない病気だが、いざ治そうとすると、時間のかかるやっかいな面もある。

 日ごろ子どもの肌の様子をよく見て、怪しいなと思ったら早めの対応をすべきだろう。夏の暑い日、プールではしゃぐ友達と一緒に遊べずに悲しい顔をするわが子の姿を見たくなければ……。
(文=編集部)

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆