あなたも隠れた「仮面高血圧」では? 中年成人の16%が高血圧基準を満たしている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたも隠れた「仮面高血圧」では? 中年成人の16%が高血圧基準を満たしているの画像1

仮面高血圧は危ない!(depositphotos.com)

 診察室では正常血圧だが、それ以外で血圧が上昇するのが「仮面高血圧」。この仮面高血圧を気付かないまま放っておくと、動脈硬化がすすみ、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険性が高くなる。

 この病態を検出する最良の方法は、小型のモニタリング機器を24時間装着することだとされている。「Circulation」2016年12月6日号に掲載された研究報告によると、診察室で「正常」血圧である人のうち約16%は、24時間モニタリングで「仮面高血圧」であることが判明したという。

健康な中年成人約900人の16%が高血圧だった

 米ストーニーブルック大学(ニューヨーク州)精神医学・社会学教授のJoseph Schwartz氏らは、健康な中年成人約900人を対象として、診察室血圧を3回の受診時に各3回、計9回にわたり測定し、さらに24時間自由行動下血圧測定により30分ごとの24時間測定も行った。

 対象者は全員、降圧薬は使用しておらず、平均年齢は45歳、約80%が白人だった。退職した高齢者は、高血圧である可能性が高いため除外した。

 研究の結果、診察室血圧が正常であった対象者のうち16%弱は、覚醒時自由行動下血圧の平均値に基づく高血圧の基準を満たしていた。自由行動下血圧は診察室血圧に比べて、収縮期血圧では平均約7 mmHg、拡張期血圧では約2mmHg高かった。対象者の3分の1以上は、24時間収縮期血圧が診察室血圧よりも10 mmHg高かった。10分の1では拡張期血圧が同様に高かった。

 測定値の差は若く痩せた人で最も多くみられ、この差は60歳までに、または過体重の人が肥満になると大幅に小さくなることが示された。Schwartz氏は、「高血圧の治療を受けていない人の場合、自由行動下血圧は通常、診察室血圧よりも高いことが示唆された」と話している。

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛