「タトゥー」を入れた日本人の8割以上の人が後悔! <若気の至り>を消す方法とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
443862103.jpg

30〜40代の80%以上の人が、タトゥーを消したいと思っている(shutterstock.com)

 米国の大手世論調査機関「Pew Research Center」が行った調査(2013年7月)によれば、タトゥーを入れている米国人は、全人口のおよそ14%(4500万人)、18〜25歳の36%、26〜40歳の40%だ。男性(19%)より女性(23%)のほうが多い。

 一方、日本人では全人口のおよそ2%がタトゥーを入れているという統計がある(出典:株式会社ヒューマ)。

 なぜ、タトゥーを入れるのだろう? ファッション、アウトロー、人生の迷い、若気の至り?「Tattoo people」と軽蔑を込めたスラングもあるが、低所得者、荒くれ者、反社会性のような偏ったイメージはまだ世間にある。入れる場所も、腕、肩、手の甲、指、胸元、背中、首の後ろ、腰、足首、足の甲などと千差万別だ。

 しかし、米国人の約6人に1人はタトゥーを入れたことを後悔しており、そのうちの11%は、タトゥーを消そうと思っていたり、取り除いた経験があるという統計がある。タトゥーを入れることは、大きな心理的・社会的リスクを負う可能性があるかもしれない。

30〜40代の80%以上の人が「タトゥーを消したい!」

 タトゥーを消したい人が利用する国内最大級のポータルサイト「タトゥー除去の窓口」は、タトゥー除去に関する基礎知識や、除去する前に知っておくべき情報などを提供している。

 サイトによれば、若い頃にタトゥーを入れた30〜40代の80%以上の人が、タトゥーを消したいと思っている。人生で損をしてきた、勢いで入れたのが失敗、入れたけど格好悪いなどの理由で除去を実行する人が多い。

 タトゥー除去の難しさは何だろう? それは、除去すれば傷跡が残る点だ。傷跡を残さずにタトゥーを消せないのだろうか? 皮膚は浅く薄い表皮と分厚い真皮で構成されているが、タトゥーは表皮の一番下の基底層よりもさらに深い真皮層に色素を閉じ込めるので自然消失しない。

 タトゥー除去は、どのように行うのだろう?

「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ
インタビュー 進行がんは「免疫」で治す 第1回 昭和大学教授 角田卓也

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパートである昭和大学の角田卓也教授に、その種類と効果、実績などを元に、一般の人が「正しく治療法を選ぶための知識」について訊いた。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁