「タトゥー」を入れた日本人の8割以上の人が後悔! <若気の至り>を消す方法とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
443862103.jpg

30〜40代の80%以上の人が、タトゥーを消したいと思っている(shutterstock.com)

 米国の大手世論調査機関「Pew Research Center」が行った調査(2013年7月)によれば、タトゥーを入れている米国人は、全人口のおよそ14%(4500万人)、18〜25歳の36%、26〜40歳の40%だ。男性(19%)より女性(23%)のほうが多い。

 一方、日本人では全人口のおよそ2%がタトゥーを入れているという統計がある(出典:株式会社ヒューマ)。

 なぜ、タトゥーを入れるのだろう? ファッション、アウトロー、人生の迷い、若気の至り?「Tattoo people」と軽蔑を込めたスラングもあるが、低所得者、荒くれ者、反社会性のような偏ったイメージはまだ世間にある。入れる場所も、腕、肩、手の甲、指、胸元、背中、首の後ろ、腰、足首、足の甲などと千差万別だ。

 しかし、米国人の約6人に1人はタトゥーを入れたことを後悔しており、そのうちの11%は、タトゥーを消そうと思っていたり、取り除いた経験があるという統計がある。タトゥーを入れることは、大きな心理的・社会的リスクを負う可能性があるかもしれない。

30〜40代の80%以上の人が「タトゥーを消したい!」

 タトゥーを消したい人が利用する国内最大級のポータルサイト「タトゥー除去の窓口」は、タトゥー除去に関する基礎知識や、除去する前に知っておくべき情報などを提供している。

 サイトによれば、若い頃にタトゥーを入れた30〜40代の80%以上の人が、タトゥーを消したいと思っている。人生で損をしてきた、勢いで入れたのが失敗、入れたけど格好悪いなどの理由で除去を実行する人が多い。

 タトゥー除去の難しさは何だろう? それは、除去すれば傷跡が残る点だ。傷跡を残さずにタトゥーを消せないのだろうか? 皮膚は浅く薄い表皮と分厚い真皮で構成されているが、タトゥーは表皮の一番下の基底層よりもさらに深い真皮層に色素を閉じ込めるので自然消失しない。

 タトゥー除去は、どのように行うのだろう?

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真